KTM 2017 LINE-UP

KTMマーク半世紀前、オーストリーの田舎町で産声をあげた小さなモーターサイクル・ファクトリーは、今やオフロードシーンでその名を知らぬ者はいないほどのメジャーブランドに育った。その理由は創業直後から始まったレースへの取り組みと活躍にある。 1995年に初めてロードレースに参加し、1964年にはI.S.D.E.(インターナショナル・シックスデイズ・エンデューロ)へのファクトリー体制での参戦を開始。1974年にはモトクロス世界選手権250ccクラスでのチャンピオンを獲得する。レースで鍛え抜かれたテクノロジーをフィードバックした KTMのマシンとライダーは、モトクロス、エンデューロなどのオフロードシーンでおびただしいほどのタイトルを獲得。1994年からは「ワールドチャンピオン時代」と形容されるほどの栄光に輝くことになる。 6種類ものステージでワールドチャンピオンを獲得した2000年、KTMはVツインプロジェクトを発表。これまでのシングルシリンダーマシン開発から得たレーシング・テクノロジーを注ぎ込み、翌2001年にはパリ・ダカールラリーをも制すのだ。 2003年にはロードレース世界選手権125ccクラスへも復帰、2004年には初優勝を果たす。さらに2005年には250ccクラスへの参戦も開始、 2006年には青山博一の手によって早くも優勝を実現。 KTMの高性能なモーターサイクルには、KTMが半世紀にわたって取り組んできたこれらのハードなレースシーンからのフィードバックがダイレクトに盛り込まれている。 つまり、KTMのモーターサイクルはファクトリーマシンの量産型であると言えるのだ。 だからこそ、KTMを手にしたライダーはすぐにレースで活躍することができる。このマシンづくりのフィロソフィこそ、KTMの提唱する「READY TO RACE」の意味なのだ。

TITLE :

MODEL LINE UP

# KTM MINICYCLES / ミニサイクル

# KTM MOTOCROSS / モトクロス

# KTM ENDURO / エンデューロ

# KTM FREERIDE / フリーライド

# KTM TRAVEL / トラベル

# KTM HARDENDURO / ハードエンデューロ

# KTM SUPERMOTO / スーパーモト

# KTM NAKEDBIKE / ネイキッドバイク

# KTM SUPERSPORT / スーパースポーツ

# KTM SPORTTOURING / スポーツツーリング